弁護士報酬について

業務

弁護士報酬について

弁護士報酬基準規程(2020年10月1日改訂)

主な弁護士費用

法律相談料

個人(非事業者)
30分ごとに5,000円から10,000円。
ただし、2回目以降及び事案が特に複雑又は特殊な事情があるときは、次の「法人または事業者」の例によります。
法人または個人の事業者
30分ごとに10,000円から25,000円


顧問料

法人 月額5万円から
個人・小規模法人 月額3万円から


通常訴訟

経済的利益の額 着手金 報酬金
300万円以下の場合 8% 16%
300万円を超え3000万円以下の場合 5%+90,000円 10%+180,000円
3000万円を超え3億円以下の場合 3%+690,000円 6%+1,380,000円


ネットの誹謗中傷・風評被害(削除請求、発信者情報開示請求)

  着手金 報酬金
削除請求、発信者情報開示請求 5万円~ 5万円~
仮処分申立(削除、開示とも) 20万円~ 20万円~
削除請求訴訟(削除、開示とも) 20万円~ 20万円~

※削除対象1件あたりの金額です。対象となるサイトによって異なります。
※仮処分申立事件の依頼後に訴訟に移行した場合には、訴訟の着手金を2分の1とします。


離婚事件

  着手金 報酬金
離婚交渉事件 15万円~ 15万円~
離婚調停事件 30万円~ 30万円~
離婚訴訟事件 30万円~ 30万円~

離婚交渉事件から離婚調停事件を受任するときの着手金は、着手金の額の2分の1とします。
離婚調停事件から離婚訴訟事件を受任するときの着手金は、着手金の額の2分の1とします。

【ご注意】
※一般的な事件を想定しています。事案の難易に応じてお見積りします。
※ 別途、実費等を頂戴します。
※ 費用等の記載は全て別途消費税を加算いたします。