顧問業務(顧問弁護士)

業務

顧問弁護士とは

普段会社が直面する法律問題や心配事について、普段から継続的に相談を受けて、会社をサポートする弁護士のことです。

顧問弁護士は、日常的に、会社の事業のこと、取引先との関係、人事労務のこと、契約の内容のこと、お客様とのトラブル等について、相談を受けて、解決方法の助言、会社を日常的にサポートします。

会社は、常に新しい問題にさらされます。
問題が起きる都度、対応してくれる弁護士を探しても、一から会社の内容や、経緯、仕組みなどを説明しても、弁護士とはいえ、十分に対応しきれるものではありませせん。

顧問弁護士は、常に、会社のことに目を配っているため、その会社に精通したスペシャリストとして、問題解決に当たることができるのです。
いわば、法律問題の「主治医」といえます。

顧問弁護士は、いつでも気軽に相談できるだけでなく、緊急時にも、他の弁護士とは違う「あなたの専門の弁護士」として、法律問題の解決に取り組みます。

当事務所では、大規模(上場会社)から中規模、小規模、個人事業主まで、幅広い業態で顧問業務を行っております。
顧問業務には、顧問契約を締結の上、顧問料のご負担が必要となります。

顧問料は、会社の規模や業務量によって異なります。
小規模な場合には、月額3万円から5万円(税抜き)程度から始めることが可能です。

顧問業務、顧問弁護士に関心がある場合には、面談やご訪問を通じて、会社、業態に応じたサービスの提供・料金(顧問弁護士をお捜しの場合のご面談は、無料で対応いたします。)をご提案いたしますので、お気軽にご連絡ください。